Home 参加アーティスト一覧[AIR] 神田 茉莉乃

神田 茉莉乃Marino Kanda

神田茉莉乃《周遊す》2019年、50×50×50 cm (HWD)、水粘土

Marino Kanda whirl around 2019, 50×50×50 cm (HWD), water clay

 

1995年神奈川県生まれ。2018年武蔵野美術大学建築学科卒業、2020年現在、東京藝術大学美術研究科彫刻専攻に所属。2020年より黄金町AIR参加。陶土による造形から始まり、建築、彫刻を学ぶ。塑像、金属、油絵、作品の図面制作などを行う。人が何によって空間を認識するのか、また空間とはどのような要素によって成り立つのか、個人の視点と距離と空間の関係、など「空間」についての疑問から作品を制作する。

 

Born in Kanagawa, 1995. Graduated in Architecture from Musashino Art University in 2018, and began graduate studies in sculpture at Tokyo University of the Arts in 2020. Participant of Koganecho AIR since 2020. Studied pottery clay modelling, then architecture and sculpture. Now works with clay sculpture, metalwork, oil paints and drawing on works’ surfaces. Creates works based on questions about space, such as what makes people aware of space, what elements make up space, and the relationships and distance between a person’s perspective and space.

 

***

 

レジデンス期間|2020年〜 
Residence Period|2020 ~ 

滞在アーティストStaying Artist

過去の滞在アーティストPast stay Artists

黄金町エリアマネジメントセンター

MENU