Home 参加アーティスト一覧[AIR] 三輪 恭子

三輪 恭子Kyoko Miwa

三輪恭子《ハッピーマーク・ドローイング》2019年、33.3×24.3 cm、紙にパステル、ペン

Kyoko Miwa happy mark drawing 2019, 33.3×24.3 cm, pastel on paper, pen

 

1982年宮崎県生まれ。福岡教育大学大学院教育学研究科修了。2018年より黄金町AIR参加。「”個”の祝福」をテーマとし、彫刻、インスタレーションやドローイングなど、様々な手法で作品を展開、時間と共に忘れ去られてゆく個人や場所の記憶に揺さぶりをかけ、その存在の肯定を試みる。主な展示歴として、2017年「Local Prospects 3 原初の感覚」( 三菱地所アルティアム、福岡)、2019年「VOCA展2019 現代美術の展望─新しい平面の作家たち」(上野の森美術館、東京)、「5月」(以外スタジオ、東京)など。

 

Born in Miyazaki, 1982. Completed graduate studies at the University of Teacher Education Fukuoka. Participating in Koganecho AIR since 2018. Using “individual blessings” as a theme, she attempts to bring awareness to forgotten people and places, using a variety of methods such as sculpture, installation and drawings. Past exhibitions include Local Prospects 3 (2017, Art Gallery Artium, Fukuoka), VOCA 2019: The Vision of Contemporary Art” (2019, The Ueno Royal Museum, Tokyo), and May (2019, Igai Studio, Tokyo).

 

***

 

レジデンス期間|2018年〜2020年
Residence Period|2018 ~ 2020

 

*** 

 

Website

http://kyokomiwa.com/

滞在アーティストStaying Artist

過去の滞在アーティストPast stay Artists

黄金町エリアマネジメントセンター

MENU