Home 参加アーティスト一覧[AIR] 肥沼 守

肥沼 守Mamoru Koinuma

肥沼守《植物公園の午後》2015年、227×350 cm、フレスコ画をストラッポ

Mamoru Koinuma Botanical park afternoon 2015, 227×350 cm, fresco with strapo

 

1968年神奈川県生まれ。1991年多摩美術大学絵画科油画専攻を卒業後、イタリア旅行で見た中世フレスコ画に感銘を受け、同大学院でフレスコ画を研究する。2019年より黄金町AIR参加。人物や動物のイメージに象徴的な雲や星等のモチーフを配し、不思議な物語と幻想的な世界を表現している。主な展示歴として、2018年「夏の展覧会 あそび展」(茅ヶ崎市美術館、茅ヶ崎)、「第4回フレスコ点 壁画公開制作」(洋協アートホール、東京)など。

 

Born in Kanagawa, 1968. After graduating in oil painting at Tama Art University in 1991, he was impressed by some medieval frescoes on a trip to Italy, and studied frescos as a graduate at the same university. Participant of Koganecho AIR since 2019. He creates mysterious fantastical worlds using images of people and animals with symbolic clouds and stars. Key exhibitions include Summer Exhibition: Asobi ten (2018, Chigasaki City Art Museum, Chigasaki) and The 4th Fresco Exhibition 2017 (2018, Ginza Yokyo Hall, Tokyo). 

 

***

 

レジデンス期間|2019年〜 
Residence Period|2019 ~ 

 

*** 

 

made in Koganecho online shop

https://koganecho.thebase.in/categories/3032512

滞在アーティストStaying Artist

過去の滞在アーティストPast stay Artists

黄金町エリアマネジメントセンター

MENU