Home 参加アーティスト一覧[AIR] 安田 拓郎

安田 拓郎Takuro Yasuda

安田拓郎《道徳の系譜》2018年、116×116 cm、キャンバスに油彩

Takuro Yasuda On the Genealogy of Morality, 2018, 116×116 cm, oil on canvas

 

1987年生まれ。2010年北里大学理学部物理学科卒業。在学中に独学で絵画を始める。2018年より黄金町AIRに参加。自身の体験を「冬眠への意志」、「ディオニュソス的陶酔」といったキーワードから分析、「自分と他人」「こころと部屋」をテーマに作品を制作する。主な関心領域はユング心理学。「他人」、「匿名性」のメタファーとして、クマのぬいぐるみを絵画に登場させる。主な展示歴として、2017年「前向きに閉じる」(GALLERY b.TOKYO、東京)、2018年「自分一人の部屋」(マツダホーム、横浜)など。

 

Born 1987. Graduated in Physics from Kitasato University in 2010. He began painting during his studies. Participating in Koganecho AIR since 2018. Starting with his key words “the will to hibernate” and “Dionysian intoxication”, he creates works on the themes of “myself and others” and “feelings and a room”. His main area of interest in Jungian philosophy, and he uses teddy bears as a metaphor for “others” and “anonymity” in his paintings. Past exhibitions include Turning Away from The World (2017, GALLERY b. TOKYO, Tokyo), and A Room of One’s Own (2018, Matsuda Home, Yokohama).

 

***

 

レジデンス期間|2018年 
Residence Period|2018 ~ 

 

***

 

Website

https://www.puripuritaro.com/

滞在アーティストStaying Artist

過去の滞在アーティストPast stay Artists

黄金町エリアマネジメントセンター

MENU