Home AIR アーティスト 宮内 由梨

宮内 由梨Yuri Miauchi

宮内由梨《反復掻破体 Ⅰ》2021年、サイズ可変、ミクストメディア・インスタレーション

Yuri Miauchi Scratching Flippers I, 2021, Dimensions variable, Mixed media installation

メカ|栢菅宏規/サウンド、ライト|田中啓介/協力|内海潤也
Mech|Hiroki Kayasuga / Sounds, Lights|Keisuke Tanaka / Cooperation|Junya Utsumi

 

長野県生まれ。京都芸術大学卒業。沖縄市、ロンドンを経て、現在は横浜市を拠点に活動。痒み、麻痺、喪失といった、誰もが経験し得るけれども共有や証明することが難しい事象に形を与え、生きることのままならなさを複数の視点から解釈する試みを行う。ガーゼ、葉書、音、樹脂などを多層的に組み合わせた作品を発表している。主な展示歴として、2018年「水と土の芸術祭2018」(清五郎潟、新潟)、2020年「ショーケースギャラリー 宮内由梨」(横浜市民ギャラリーあざみ野、横浜)、2022年「アーツ・チャレンジ2022」(愛知芸術文化センター、名古屋)など。

 

Born in Nagano. Graduated from Kyoto University of the Arts.She focuses on the itch, paralysis, and loss that we all experience, but that are difficult to share or prove. She creates unique projects to translate them into visual language, attempting to interpret the impossibility of life from multiple perspectives. Her works are mainly made of gauze cloth, post card, sound, and resin, and she presents installations that combine these materials in a multilayered manner.Key exhibitions Water and Land Niigata Art Festival 2018 (Seigorogata, Niigata), and Showcase Gallery: Miauchi Yuri Exhibition (2020, Yokohama Civic Art Gallery Azamino, Yokohama), ARTS CHALLENGE 2022 (Aichi Arts Center, Nagoya)

 

***

 

レジデンス期間|2019年〜 
Residence Period|2019 ~ 

 

*** 

 

Website

https://miauchi.com/

 

made in Koganecho online shop

https://koganecho.thebase.in/categories/2451734

滞在アーティストStaying Artist

過去の滞在アーティストPast stay Artists

黄金町エリアマネジメントセンター

MENU