コンセプト Concept

ディレクターステイトメント
Director Statement


「Double Façade」という言葉には、アートと地域コミュニティの出会いの意味が込められています。ふたつの正面(入口)を持つ建築は、お互いの通路が内部でつながっているのかどうかは入ってみなければ分かりません。今回はそれをアートとコミュニティとの関係に置き換え、アートの側からコミュニティへ、あるいはコミュニティの側からアートへとそれぞれが別の入口からアプローチしたとき、両者は接点を見出すことが出来るのか、あるいは本当に接点はあるのか、と問いかけてみました。ここではアートとコミュニティは相互に理解可能な関係ではなく、むしろ互いに不透明な関係であるということを前提にしています。

また今年はゲストキュレーター制の導入によって、客観的な視点から黄金町の課題を捉えるとともに、より広範な現代社会の課題に対面し、介入しようとする現在のアートシーンの一面を伝えることを試みました。

今回の展覧会を通して、私たちは観客の皆さんとともに、お互いの異質性と共通性を理解し、お互いが敬意を持って共存することが出来る世界を構想するという課題について考えてみたいと思います。

The phrase “double façade” expresses an encounter between art and local community. Going into a building with two fronts (or entrances), we would not know if both entrances lead us to a same space until we are actually inside. For this year’s Koganecho Bazaar, I am using this as a way to consider and question the relationship between community and art. When art tries to approach community, or when community tries to approach art, could they find a contact point? Would there really be a contact point? These questions are posed, based on a presupposition that art and community are not mutually communicative, but rather their relationship is unclear.

Also by inviting a guest curator, this year’s Bazaar attempts to grasp the current challenges of Koganecho from an objective point of view, as well as to shed a light on the side of today’s contemporary art scene, which tries to confront and intervene the issues of the contemporary society at large.

Together with the audience, we hope to think about our mission to build up a world, where we can recognize foreignness and commonality between each other and coexist with mutual respect.

黄金町バザールディレクター|Director, Koganecho Bazaar
山野真悟|Yamano Shingo


キュレーターステイトメント
Curator Statement


年間を通じて約50組のアーティストが滞在制作をしている黄金町が特徴的なのは、アーティストとコミュニティとの関わりが一過性ではなく日常的な風景としてあることだろう。その中で「黄金町バザール」は年に一度の祝祭として開催され、国内外から参加するアーティストや観客と黄金町のアーティストや住民が出会い、新たな価値や視点を発見する場として機能する。そして『黄金町バザール』は今年で10回目を迎える。

世界ではますます保護主義、排他主義の傾向が強まり、多様性や寛容性が顕著に失われつつある。黄金町もまた、違法風俗店との共存と排除の歴史を持つ町として知られているが、そのような過去を体験した黄金町だからこそ未来に向けたポジティブなビジョンが提示出来るのではないか。

日常生活において他者との出会いや、新たな価値観を受け入れることが必ずしも容易ではないとしたら、『黄金町バザール』という祝祭を通じて思いがけない出会いや価値観を提示することで、現行の風潮とは異なる選択肢を示すこと、そして多様な国籍や背景を持つ人々がアーティストとともに生活する黄金町に多様性の受容と共存をもたらすことが今年の『黄金町バザール』としての大きな目標となる。

About fifty groups of artists live and work in Koganecho all year round. This uniquely creates everyday scenery, where artists and community interact with each other, not in a transient but in an enduring manner. It is in this context, Koganecho Bazaar is held as an annual festival, which provides a place for participating artists from Japan and abroad, audience, artists based in Koganecho and local residents to meet each other and discover new values and perspectives. And this year, Koganecho Bazaar commemorates its tenth anniversary.

The world is leaning strongly toward preservationism and particularism, and noticeably experiencing the loss of diversity and tolerance. The town of Koganecho, too, is known for its history of coexistence and exclusion of illegal brothels. Because of such past experience, I believe that Koganecho has the potential to present a positive vision toward the future.

If it is not always so simple to encounter others and accept new values within the cycle of everyday life, festivity of Koganecho Bazaar, by facilitating unexpected encounters and showing different values, aims to present choices alternative to the current climate and to nurture acceptance of diversity and coexistence in Koganecho, where people of various nationalities and backgrounds live together with artists. This is the main mission of this year’s “Koganecho Bazaar”.

黄金町バザール2017 ゲストキュレーター|Guest Curator, Koganecho Bazaar 2017
窪田研二|Kubota Kenji

変化する展覧会|Exhibition that transforms

会期を2期に分け、vol.1では作品制作のプロセスの公開や参加型プログラムを多数展開します。
vol.2では新作を一挙に公開します。
We divide the exhibition period into two terms; vol.1 and vol.2. Some of the artists stay in Koganecho and develop their projects through during the first period, and open the working process to audience. In the second term; vol.2, we will exhibit complete works developed during the first term.
変化する展覧会

注目のプログラム|Featured program

私じゃなかった身体たち
ーみんなで踊るヴォーグダンス
Diversity Vogue:
Open Workshop and Ballroom

タイを拠点に活動するダンサー、サン・ピッタヤー・ペーフアンを講師に迎え、ヴォーグ・ダンスを学ぶワークショップをおこない、参加者とともに一夜限りのボールルームを開きます。

アーティスト Artist:サン・ピッタヤー・ペーフアン|Sun Phitthaya Phaefuang

不満の合唱団 in 黄金町
The Complaints Choir of Koganecho

不満を曲にのせて歌う「不満の合唱団」。この黄金町版を、作曲家の西井夕紀子と地元から集めた合唱団のメンバーとつくりあげます。

アーティスト Artist:
テレルヴォ・カルレイネン+オリヴァー・コフタ=カルレイネン|Tellervo Kalleinen + Oliver Kochta-Kalleinen西井夕紀子|Nishii Yukiko

バザールコレクターズ・オークション
Bazaar Collectors Auction

美術家の松蔭浩之をオークショニストに迎え、地元住民を招いた「お金のかからないオークション」を開催。落札された作品は会期中に落札者の自宅や商店に飾られます。

アーティスト Artist:松蔭浩之|Matsukage Hiroyuki

遠くを近くに、近くを遠くに、感じるための幾つかのレッスン
Some Lessons to Feel: Something Far is Near, Something Near is Far

ドイツのフランクフルトで展開された『マクドナルド放送大学』。この授業を横浜の人たちで翻訳・朗読する試みです。観客は船上でこの「授業」を聴きます。

アーティスト:高山明/PortB

黄金町の歴史と記憶を辿る
ウィンドウギャラリー
Window Gallery

開港以降、流通のまち、違法風俗店舗の並ぶまち、アーティストが日常的に活動するまちへと姿を変え続ける黄金町エリアのまちの変遷を、地元の人の記憶を反映させた作品とともに振り返ります。

シンポジウム|Symposium

1980年代にホワイトキューブからまちに出たアート。現在では日本各地でコミュニティに根ざした芸術祭を見ることができ、黄金町バザールも今年で10年を迎えます。3日間にわたるプログラムを通してなぜアートはまちに出たのかを再考し、これからどこに向かうのかを議論します。

MENU