Home ニュース オンラインセミナープログラム「アジアのアートの転移と再生  ―地域、都市の中のアートとアーティスト」アーカイブ映像を期間限定公開

2021/03/30(火)オンラインセミナープログラム「アジアのアートの転移と再生  ―地域、都市の中のアートとアーティスト」アーカイブ映像を期間限定公開Archive movie release|"The Transfer and Rebirth of Asian Art: Art and Artists in the City and Region" Seminar

黄金町バザール2020会期中に、地域と時代を異にする 3 つの事例についてそれぞれの歴史的意義を振り返るとともに、現在にもたらした影響について考察するオンライントークセッションを 3 日間に渡って実施しました。 1ヶ月間限定でアーカイブを公開いたします。

公開期間|2021年4月30日(金)まで

Three online talk sessions looking at the historical significance of three different cases from different regions and times, and considering their impact on the present. The archive will be released for one month only.

Release date / April 30, 2021 (Friday) Board

オンラインセミナープログラム「アジアのアートの転移と再生 ―地域、都市の中のアートとアーティスト」の内容詳細についてはこちら
http://koganecho.net/koganecho-bazaar-2020/seminar/

Day2|11. 22 Sun. 14:00〜16:00
「フィリピンにおけるアートと空間と公共圏」
“Art, Space and Public Spheres in the Philippines”

個々のアーティストやコレクティブの実践に関する調査報告を通して、フィリピンにおけるアートと空間と公共圏について考察した。パブリック・アートの系譜を辿りながら、日比間の美術交流がもたらした影響についても考察した。

This session will discuss relationships of art, space and public spheres in the context of the Philippines by presenting research reports on works and practices of individual artists and collectives. By following the geneology of public art, the session will also explore the effects of the artistic interactions between Japan and the Philippines.

Day3|11. 23 Mon. 14:00〜16:00
「インドにおけるパブリック空間/ローカルのアート実践:プージャ・スードのプロジェクト」
“Public Spaces and Local Art in India: Pooja Sood’s Project”

1997年からKHOJ Workshop(現KHOJ International Artists’ Association)に携わるプージャ・スードがアーティスティック・ディレクターを務めデリー市内に25のパブリックアートを展開した2009年「48 °C Public.Art.Ecology」や2019年から始まったインド国内の5カ所に広がったジェンダーや民族性をテーマに社会の中のアートの働きに挑戦する「PERIPHERIES & CROSSOVERS: ART AS SOCIAL PRACTICE」を中心に、KHOJの活動を交えて、インドのパブリック空間/ローカルにおけるアートについて探った。

Pooja Sood from KHOJ International Artists’ Association (formerly KHOJ Workshop), speaks to us about the work of KHOJ, and about publics spaces and local art in India. The talk will focus on her experience as Artistic Director for “48°C Public.Art.Ecology”, a public art project in 2009 in which 25 pieces were commissioned around Delhi, and “PERIPHERIES & CROSSOVERS: ART AS SOCIAL PRACTICE” which started in 2019 and has spread across 5 regions in India, challenging the role of art in society on themes of gender and ethnicity.

※Day1「中国前衛美術家展[非常口]」の公開期間は終了しました。
*Day 1 “Chinese Avant-Garde Artists Exhibition: Exceptional Passage” has expired

黄金町エリアマネジメントセンター

MENU