Home 展覧会・イベント オンラインセミナープログラム「アジアのアートの転移と再生  ―地域、都市の中のアートとアーティスト」

オンラインセミナープログラム「アジアのアートの転移と再生  ―地域、都市の中のアートとアーティスト」 "The Transfer and Rebirth of Asian Art: Art and Artists in the City and Region" Seminar 2020/11/21(土)〜23(月) 終了

地域と時代を異にする3つの事例についてそれぞれの歴史的意義を振り返るとともに、現在にもたらした影響について考察するオンライントークセッションです。

アーティスト・イン・レジデンス、国際交流、そしてアーティスト・コレクティブの台頭、パブリックな場所における作品の展示など、1990年代以降、アジアのアートは各地域の特性を生かしながら、大きく動き始め、それが互に見えるものになろうとしていました。それは重要な時期であったと思います。それらの出来事が現在のアジアの状況とどのようにつながっているのか、を考える機会にしたいと思っていますが、まず今回は3つの事例を辿り直し、改めてそれらを記録としてまとめ、今後、このテーマのための議論の材料として保存し、公開することを目標としています。

Three online talk sessions looking at the historical significance of three different cases from different regions and times, and considering their impact on the present.

Since the 1990s, art in Asia has been making significant progress, with different regions raising their visibility while taking advantage of their own uniqueness, through artist-in-residencies, international exchanges, a rise in artist collectives, and exhibitions in public spaces. We believe this has been an important time, and would like to hold a meeting to discuss how these events have affected the current situation in Asia. During these talks we will look back at three different cases, which will be recorded with the aim of preserving this information for a future discussion, and to make it public.

■詳細はこちら

黄金町エリアマネジメントセンター

MENU