Home 「DIGITALプログラム」ニューヨーク舞踏インスティチュート「Women Defining Butoh」特別上映

「DIGITALプログラム」ニューヨーク舞踏インスティチュート「Women Defining Butoh」特別上映

「DIGITAL program」
New York Butoh Institute “Women Defining Butoh” (film screenings)

ヴァンジェリン・シアター Vangeline Theater|Photo by Bryan Kwon
DAIPAN舞踏コレクティブ DAIPANbutoh Collective|Photo by R. Nihiline
クリスタル・サバー Cristal Sabbagh|Photo by Scott Rubin
エウヘニア・バルガス Eugenia Vargas|Photo by César Alberto Guzmán

上映スケジュール|
10月 9日 14:00 DAIPAN舞踏コレクティブ『Corporate』
     17:00 クリスタル・サバー『Sowing Asynchronicities』

10月16日 14:00 エウヘニア・バルガス『UMBRÍA – shadow trilogy for a dancer -』
     17:00 ヴァンジェリン・シアター『Eternity 123』

会  場 |7artscafe(横浜市中区末吉町一丁目3番地小此木第2ビル1階)
鑑賞料金 |無料(カフェの飲み物・食べ物は有料)

9th October
14:00  DAIPANbutoh Collective’s Corporate
17:00  Cristal Sabbagh’s Sowing Asynchronicities

16th October
14:00  Eugenia Vargas’ UMBRÍA – shadow trilogy for a dancer –
17:00  Vangeline Theater’s Eternity 123

Venue: 7artscafe (Yokohama, Naka-ku, Sueyoshicho 1-3 Okonogi Bldg. #2, 1st floor)
Entry: Free (food and drinks in the cafe are charged)

ご予約方法 Reservation

10月9日(土)14:00開演 ・17時開演 / 10月16日(土)14:00開演 ・17時開演のニューヨーク舞踏インスティチュート「Women Defining Butoh」特別上映は感染症対策の一環として、鑑賞者数を制限するため申し込み制としています。ご希望される方は、7artscafeへお電話よりお申し込みください。

【申込受付:20名】
※20名に達した時点で締切させていただきます。
※上映開演10分前までにお越しください。
※座席指定ではなく、当日受付後に席をお取りいただけます。
※お一人様につき1ドリンクはご注文をお願いします。

7artscafe
電話番号|045-315-4493
営業日時|火曜日〜日曜日 9:00-18:00 ※月曜定休

As part of our measures to prevent the spread of infections we are limiting the capacity for our New York Butoh Institute “Women Defining Butoh” (film screenings) on the 9th and 16th October at 14:00~ and 17:00~. To book your place, please phone 7artscafe (English available). 

Reservation limit: 20 people 
*Unfortunately if we reach maximum capacity you will not be able to make a reservation.
*Please arrive 10 minutes before the start of the screening.
*Minimum 1 drink per customer.

7artscafe
Phone|045-315-4493
Open |Tuesday〜Sunday 9:00-18:00 *Closed on Mondays

「DIGITALプログラム」
ニューヨーク舞踏インスティチュート「Women Defining Butoh」特別上映について

10月にオンラインで行うニューヨーク舞踏インスティチュートの「Women Defining Butoh」プログラムから必見の4作品を上映します。アメリカを拠点に活動する、ヴァンジェリン、クリスタル・サバー、DAIPAN舞踏コレクティブと、メキシコのエウヘニア・バルガスらの作品の上映は、日本初公開です。日本で生まれた舞踏がどう海外で影響してるかをみてみましょう。会場はアーティストとの企画も多く実施しているカフェ「7artscafe」。

「DIGITAL program」
About New York Butoh Institute “Women Defining Butoh” (film screenings)

We will be screening four films from the New York Butoh Institute’s Women Defining Butoh program which is taking place online in October. These performances by Butoh artists Vangeline, Cristal Sabbagh and DAIPANbutoh Collective based America, and Eugenia Vargas based in Mexico will be screening in Japan for the first time. The venue is the recently opened 7artscafe in Yokohama. This is a chance for people to see how Butoh, which originated in Japan, has influenced artists abroad.

   

Photo by Marko Poolamets

ヴァンジェリン Vangeline
ヴァンジェリンは、日本の舞踏を専門とする教師、ダンサー、振付師。 日本の舞踏の伝統に根を下ろし、21世紀に受け継いできたダンスカンパニー、Vangeline Theater/New York Butoh Institute(ニューヨーク)の芸術監督に就任。2018NYFA / NYSCAアーティストフェロー。

Vangeline is a teacher, dancer, and choreographer specialising in Japanese butoh. She is the artistic director of the Vangeline Theater/New York Butoh Institute (New York), a dance company firmly rooted in the tradition of Japanese butoh while carrying it into the twenty-first century. She is a 2018 NYFA/NYSCA Artist Fellow in Choreography for Elsewhere.

Photo by Hugo Angel G

DAIPAN舞踏コレクティブ DAIPANbutoh Collective
Sheri Brown、Joan Laage、Helen Thorsen、Dhyana Garcia-Snyder、Kaoru Okumura、Alycia Scott-ZollingerとRobyn Bjornsonによる舞踏コレクティブ。 2010年以来、米国ワシントン州シアトルに拠点を置き、さまざまな分野のアーティストと交流することで、コミュニティを継続的に拡大している。

DAIPANbutoh Collective includes active members Sheri Brown, Joan Laage, Helen Thorsen, Dhyana Garcia-Snyder, Kaoru Okumura, Alycia Scott-Zollinger, and Robyn Bjornson. Based in Seattle, Washington, USA since 2010, they continually enlarge our community by interfacing with artists of various disciplines.    Co-promoting, producing, and performing, they are a vehicle for cross-cultural exchange with artists internationally.

Photo by César Alberto Guzmán

エウへニア・バルガス Eugenia Vargas
ダンサー、振付師、教師、研究者。また、Laboratorio Escénico Danza Teatro Ritual(LEDTR)の創設者兼ディレクター。ダンスに加え様々なジャンルのプロジェクトの実施や、レジデンススペースの運営を通して、舞踏を広めることを目的に活動している。何世代かのアーティストに影響を与えている。※Creadores Escénicos con Trayectoria 2019-2022、FONCAサポートを受けています。

Dancer, choreographer, teacher and researcher. She is the founder and director of Laboratorio Escénico Danza Teatro Ritual (LEDTR), a space that has served not only as an incubator for dance and interdisciplinary projects, but also as an artistic residence and a formative space for Butoh dance, from which several generations of artists have emerged or have been influenced. *Creadores Escénicos con Trayectoria 2019-2022, FONCA support.

Photo by Ricardo Adame

「Sowing Asynchronicities」の参加アーティスト Collaborative artists of Sowing Asynchronicities

クリスタル・サバー
日常、神、個人、そして政治をテーマに、即興と舞踏を組み合わせたパフォーマンスを発表している。 ポップカルチャーや実験的な手法を用いて、自分の変容する記憶を体で表現し、権力構造への挑戦を試みる。

オリ・ハリス
サウンドアーティストであり、活動家。即興的なチェロの演奏や作曲、ビジュアルアーティストとしての活動も行う。 アフリカ系アメリカ人とラテン系の伝統や、アフロフューチャリズム、クィアネスに根ざしている。

スコット・ルービン
ジャンルに囚われない活動を行うアーティストであり、即興的なヴィオリンの演奏も行う。アナログとデジタル両方の手段で、音と動きについて探求する。

Cristal Sabbagh’s interdisciplinary performance practice, rooted in improvisation and Butoh, walks a line between the everyday, the divine, the personal, and the political. In embodying in her art transformational memories while simultaneously celebrating pop culture and the experimental, she challenges power structures and awakens viewers’ senses. 

Experimental sound artist and activist, Oli Harris, is a cellist, improviser, composer, and visual artist whose work is rooted in their Black American and Latinx heritage, Afrofuturism, and queerness.

Scott Rubin is an interdisciplinary artist and improvising violist whose work interrogates relationships between sound and movement through analog and digital means.

黄金町エリアマネジメントセンター

MENU