RL + NM
RL + NM

57.jpg

RL + NMKELINCI YANG BEBAS, 2019, Woodblock Print on Paper

リコ・レオンとナターシャ・ムインによる、主にミクストメディアを用いた作品を制作するコレクティブ。レオンはイラストや木版画を制作し、ムインは写真を制作するとともに研究や執筆も行う。実験的だと考えるさまざまな媒体を通して、例外的な生を探求し、表現する。

Rico and Natasha work collectively in producing mixed medium art. Rico's practice involves main woodcut printing and illustration and Natasha is a writer, researcher and photographer. They work collectively to explore the anomalies of life and express it through various mediums that we deem as experimental.


リコ・レオン

1990年マレーシア、サバ州生まれ。主に木版画とイラストを制作。布やライスペーパーにプリントする伝統的な木版画の方法を用いる。ローカルのアンダーグラウンドなミュージシャンのCDジャケットなどに使われるイラストも作る。サブ・カルチャーとイデオロギーといった目に見えない「非身体的」な意識を探求する。「Shift By Cendana」展(2019年、Black Box Gallery、クアラ・ルンプール)、「Reimagine Us」展(2019年、2 Hang Kasturi、クアラ・ルンプール)、「Tales From North Borneo」展(2019年、チューリッヒ大学、チューリッヒ)などに参加。

Rico Leong

Born in Sabah, Malyasia, 1990. His practice uses the traditional method of woodcut printing on both fabric and rice paper. He also works on illustrations that can be found as cover art for local musicians in the underground scene. His works explore the "non-physical" realm of consciousness that mirrors various subcultures and ideologies. Group exhibitions he participated in include Shift By Cendana (2019, Black Box Gallery, Kuala Lumpur), Reimagine Us (2019, 2 Hang Kasturi, Kuala Lumpur), and Tales From North Borneo (2018, University of Zurich, Zurich).

ナターシャ・ムイン

1991年クアラ・ルンプール生まれ。南オーストラリア大学コミュニケーション&メディア学部卒業。研究者であり、写真、テキストを用いて表現をする。2018年のジョージタウン・フェスティバル(ペナン、マレーシア)のコミュニケーション・マネージャーや、2019年の音と映像のアートフェスティバルMUTEK JP(東京)の東南アジアPRマネージャーなどを勤めた。

Natasha Muin

Born in Kuala Lumpur, 1991. Graduated from Communications and Media Management, University of South Australia. In 2018 she was the communications strategist for George Town Festival, an arts festival in Penang, Malaysia and in 2019 was the Southeast Asia Public Relations Manager for digital creativity and audiovisual arts festival MUTEK JP based in Tokyo (2019).

MENU