ディレクターメッセージ「より善いものを選択すること」Director's Message: "Taking the best"
2019/5/7 (Tue)

(scroll down for English)
「より善いものを選択すること」


kb2019_yamano1.jpgこれまで、「黄金町バザール」はアーティスト・イン・レジデンス(AIR)による滞在制作と、都市空間や日常空間の中の作品展示を通して、常にアートと社会の関係をテーマに活動してきました。そこには、アートに関わる重要なファクターとして、コミュニティ、交通、経済、政治等の問題をアートの視点から改めて見直すというだけではなく、社会環境の側からも、アートを見直すという双方向的な意味がありました。


今年の「黄金町バザール」は、そのようなアートと社会の関係を示す小さな単位として、街を訪れる人たち、異なる文化的背景から集まったアーティスト、バザールの制作過程になんらかの形で関わるすべての人たちの相互関係とその変化に注目します。滞在制作から展示の全期間を通じて形成されていくそれぞれの新しい関係のあり方を、より顕在化することを意図して、出来事の全体を「ニュー・メナジェリー」と名付け、今回のテーマとしました。


kb2019_yamano5.jpg「ニュー・メナジェリー」は「新しいマネジメントのあり方」を意味しています。いうまでもなく、都市空間や日常空間の中に作品を展示することは微細な調整の積み重ねによってはじめて成立するものです。その過程において、私たちは今そこにあるものから「より善いものを選択すること」を目指して仕事をしています。それは私たちがあらかじめ設定した視点を維持したまま、ただ一方的に何かに働きかけるということではなく、むしろ誰もが新しい関係の作り手としてこの過程に参加することを受け入れ、相互に変化していくことが、このような試み(例えば「黄金町バザール」)にとってより重要な意味を持つと考えています。「ニュー・メナジェリー」はこのような双方向的な変化を契機として更新されていく「新しいマネジメントのあり方」について問いかけるものです。それは今までの「黄金町バザール」の中でも起きていた(かもしれない)出来事ですが、評価の指標として重要視されることはありませんでした。

「より善いものを選択すること」は、アートと社会の関係をもう一度流動化し、そして再び組み立て直すことによってその可能性を試みることであり、それは「黄金町バザール」の継続的なテーマとして(いわゆる通底音のように)あり続けてきました。今回はそれをより意識的に捉え、表現することが大きな課題となりますが、果たしてどうでしょうか。

今年の秋、「黄金町バザール2019−ニュー・メナジェリー」にご期待ください。



黄金町バザールディレクター
山野真悟



"Taking the best"


Koganecho Bazaar has always aimed to explore the relationship between art and society, through the production of art created in Artist in Residence programmes, and exhibitions in urban and everyday spaces. An important part of this theme is not only for the art to question and re-envision the local community, transport, economy and politics, but also for society to re-envision art, creating an interactive relationship between the two.


This year's Koganecho Bazaar will focus on the relationships between the visitors to the area, artists from different cultural backgrounds, and all the people involved in the Bazaar, and how these relationships have and can evolve. With the intention of shedding light on the new relationships formed throughout the entire period through production and exhibition, we have titled the theme of this year's event "New Menagerie".


By "New Menagerie" we mean to explore "new management methods". It goes without saying that exhibiting work in urban and everyday spaces is only made possible through the process of numerous decisions and fine adjustments. We would like this process to work towards "taking the best" of what we have. By this we mean not working unilaterally, but creating an environment in which anyone can actively participate in the process as a creator of new relationships, and so encourage mutual change which we believe is important in such endeavours (as Koganecho Bazaar). "New Menagerie" is in this way an opportunity to develop a "new management method" that is updated collectively. Although this (may be) something that has already been happening in past Koganecho Bazaars, it is not something we have previously emphasised as a main element of the Bazaar.


"Taking the best" means to try out new possibilities by once again by disassembling the relationship between art and society and rebuilding it, which has been an ongoing theme of Koganecho Bazaar. This time it will be a big task for everyone to capture and express this more consciously, but how will it be achieved?


We hope you look forward to this autumn's "Koganecho Bazaar 2019: New Menagerie".


Koganecho Bazaar Director
Shingo Yamano
⇐ TOPへ戻る

ニュースアーカイブ

プレスリリースアーカイブ

MENU