アヌラック・タンニャパリット
Anurak Tanyapalit

Anurak Tanyapalit

What Should I Do When The Show is Over ?, 2014

1992年、タイ・プレー生まれ。現在チェンマイを拠点に活動。2016年タイ・チェンマイ大学芸術学部卒業。彼は絵画、インスタレーション、サイトスペシフィックワーク、パブリックアートなどの異なるメディアを横断するような作品を制作。科学分野や都市化、日々の生活におけるプロセスに興味を持つ。こうした彼の関心は様々な物に疑問を投げかけるような実験的な作品につながっており、結果として彼の近年の展覧会における興味深い作品たちを生み出した。

Born in 1992, Phrae, Thailand, currently based in Chiang Mai. He graduated from the Faculty of Fine Arts of Chiang Mai University, Thailand in 2016. His works cut through different media including painting, installation, site-specific work, public art, and so on. He is interested in the processes within the fields of science, urbanization, and daily life. This has lead to experimental works that question different tangible objects, resulting in many interesting works showed in his recent exhibitions.

MENU